コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春長誥 こんぱる ながのり

1件 の用語解説(金春長誥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春長誥 こんぱる-ながのり

1538-1612 戦国-織豊時代の能役者太鼓(たいこ)方。
天文(てんぶん)7年生まれ。観世(かんぜ)信重の次男。金春流太鼓方4代家元の金春氏重の養子となり,5代をつぐ。似我(じが)与左衛門に太鼓をまなぶ。川井惣右衛門の名で織田信長につかえ,戦功をあげたという。慶長17年死去。75歳。通称は彦三郎。法名は宗意。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金春長誥の関連キーワードシェール・シャー足利義明足利義明本多正信新庄直頼イタリア演劇パシオ勧修寺光豊ルドルフ[2世]ボゴタ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone