コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金滴

デジタル大辞泉プラスの解説

金滴

北海道、金滴酒造株式会社の製造する日本酒。平成23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きんてき【金滴】

北海道の日本酒。酒名は、仕込み水の源があるピンネシリ山麓の砂金川の水にちなみ命名。精米歩合40%で仕込む大吟醸酒は辛口の味わい。ほかに純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒がある。平成2、23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦吟風きらら397。仕込み水は徳富(とっぷ)川の伏流水。蔵元の「金滴酒造」は明治22年(1889)奈良県十津川村の大洪水で田畑が全滅した後、約600戸の村民が北海道へ移住し、そのなかの9名が発起人となり同39年(1906)創業。所在地は樺戸郡新十津川町字中央。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

金滴の関連キーワード雪国のだるまおのらのさけ杜氏の夢呑微笑一献北の微笑雫の浪漫夢きららきらら冬凪瑞鳳夢滴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金滴の関連情報