コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金為替本位制 きんがわせほんいせい

2件 の用語解説(金為替本位制の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きんがわせほんいせい【金為替本位制】

金本位制の一。国内では本位貨幣(=金貨)が発行されずに金為替によって兌換だかんが行われ、この金為替を金貨本位制や金地金本位制を採用している国の通貨に結びつけて、国内通貨と金との間に間接的な等価関係を維持する貨幣制度。 → 金本位制

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金為替本位制【きんかわせほんいせい】

国内では金貨を流通させず,また金地金との兌換(だかん)にも応ぜず,対外支払の要求に対しては,他の金本位国の通貨を一定の為替相場で売買する制度。国内通貨は間接的に金に結びつけられるので,金本位制度の一種とされる。
→関連項目金核本位制金貨本位制金地金本位制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone