コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金為替本位制 きんがわせほんいせい

大辞林 第三版の解説

きんがわせほんいせい【金為替本位制】

金本位制の一。国内では本位貨幣(=金貨)が発行されずに金為替によって兌換だかんが行われ、この金為替を金貨本位制や金地金本位制を採用している国の通貨に結びつけて、国内通貨と金との間に間接的な等価関係を維持する貨幣制度。 → 金本位制

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金為替本位制【きんかわせほんいせい】

国内では金貨を流通させず,また金地金との兌換(だかん)にも応ぜず,対外支払の要求に対しては,他の金本位国の通貨を一定の為替相場で売買する制度。国内通貨は間接的に金に結びつけられるので,金本位制度の一種とされる。
→関連項目金核本位制金貨本位制金地金本位制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

金為替本位制の関連キーワードエドウィン・ワルター ケンメラーブレトンウッズ協定外国為替相場制度国際流動性問題金為替本位制度固定為替相場制流動性ジレンマ金地金本位制トリフィン案国際通貨問題国際通貨基金国際通貨制度金核本位制度銀本位制度ケンメラードル危機金本位制本位制度本位貨幣人民元

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android