コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金町小かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

金町小かぶ

東京都で生産されるカブ。極早生の小カブで、明治末期に東京の金町(現在の葛飾区東金町)で改良・育成された種とされる。煮物、漬物などにして食する。江戸東京野菜普及推進連絡協議会により「江戸東京野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

金町小かぶ[根菜・土物類]
かなまちこかぶ

関東地方、東京都の地域ブランド。
葛飾区で生産されている。金町小かぶは、それまで栽培されていた品種を、4月に早どりできるように改良したもの。冬も温暖で、地域の土壌が栽培に適していたことに加え、栽培にあたって防寒の工夫などがなされて育った。現在、金町こかぶの改良品が全国に広まって栽培されている。煮くずれせず甘みがあり、舌触りもなめらかであるため、漬物以外にもみそ汁酢漬けなどに使用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

金町小かぶの関連キーワード関東地方