金竜敬雄(読み)きんりゅう けいゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金竜敬雄 きんりゅう-けいゆう

1712-1782 江戸時代中期の僧,漢詩人。
正徳(しょうとく)2年生まれ。天台宗寛保(かんぽう)3年武蔵(むさし)足立郡吉祥寺(埼玉県)の住職。15年後京都にうつり,宝暦13年江村北海と賜杖堂(しじょうどう)詩社を結成した。晩年は郷里美濃(みの)(岐阜県)に隠棲(いんせい)。天明2年1月8日死去。71歳。俗姓は高橋という。字(あざな)は韶鳳。号は金竜道人,道楽庵,雨新庵など。著作に「雨新庵詩集」「道楽庵夜話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android