金融バブル(読み)キンユウバブル

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐バブル【金融バブル】

多様な金融商品などによって過剰な信用供与が行われたことにより発生したバブル経済
[補説]1980年代以降、米国の主導により規制緩和による金融の自由化・グローバル化が進み、金融市場の規模が急速に拡大。一方、金融緩和によって市中に豊富な資金が供給され、余剰資金が株・不動産などへの投機的な投資に向けられた。投資銀行ヘッジファンドは最先端の金融工学を駆使してCDSなどの金融派生商品(デリバティブ)を開発。リスクを分散し、高いレバレッジ効果で巨額の資産を運用した。こうして金融経済実体経済の数倍もの規模に膨張し、金融バブルを生む結果となった。2007年に米国でサブプライムローン不良債権化が進み、世界中に影響が波及。2009年に米国大手証券会社リーマンブラザーズが経営破綻すると、世界中の金融市場で連鎖的に信用収縮が起こり、金融バブルは崩壊した。→リーマンショック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融バブルの関連情報