コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融バブル キンユウバブル

1件 の用語解説(金融バブルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐バブル【金融バブル】

多様な金融商品などによって過剰な信用供与が行われたことにより発生したバブル経済
[補説]1980年代以降、米国の主導により規制緩和による金融の自由化グローバル化が進み、金融市場の規模が急速に拡大。一方、金融緩和によって市中に豊富な資金が供給され、余剰資金が株・不動産などへの投機的な投資に向けられた。投資銀行ヘッジファンド最先端金融工学を駆使してCDSなどの金融派生商品デリバティブ)を開発。リスクを分散し、高いレバレッジ効果で巨額の資産を運用した。こうして金融経済実体経済の数倍もの規模に膨張し、金融バブルを生む結果となった。2007年に米国でサブプライムローン不良債権化が進み、世界中に影響が波及。2009年に米国大手証券会社リーマンブラザーズが経営破綻すると、世界中の金融市場で連鎖的に信用収縮が起こり、金融バブルは崩壊した。→リーマンショック

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融バブルの関連キーワード金融コングロマリットクレジットデリバティブEMA消費者信用信用供与迂回融資金融商品信用膨張金融商品取引業協会金融商品会計

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金融バブルの関連情報