コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融寡頭支配 きんゆうかとうしはい

2件 の用語解説(金融寡頭支配の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融寡頭支配
きんゆうかとうしはい

株式所有を軸として形成された企業集団に統合的金融力をもった銀行が参与し,支配的地位を占めている形態。この形態はレーニンによって資本主義の最高の発展形態と規定された。彼によれば,この寡頭支配体制は資本主義の基本的矛盾を顕在化させ,社会主義体制へ移行する物質的条件をみずから形成するにいたるとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金融寡頭支配【きんゆうかとうしはい】

金融資本を基盤とする少数者の経済的政治的支配。株式所有や個人的つながりをもって企業への支配網をはりめぐらし,国家と合体して経済と政治を動かす。資本主義の最高の発展段階としての帝国主義の指標とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

金融寡頭支配の関連キーワード企業集団企業集中コンツェルン法人株主従業員株式所有制度二次双晶アクリーション液状凝灰岩芙蓉会(企業集団)六大企業集団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone