コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融検査マニュアル きんゆうけんさまにゅある

3件 の用語解説(金融検査マニュアルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

金融検査マニュアル

金融庁が1999年に決定した、金融機関を検査する際の手引書。正式名称は「預金等受入金融機関に係わる検査マニュアル」。当初は銀行のみを対象としていたが、その後、信用金庫など他の預金取り扱い金融機関や保険会社証券会社向けのマニュアルも作られるようになった。マニュアルでは金融機関に対して厳格な資産査定を促すとともに、金融機関ごとにまちまちであった自己査定の基準を一本化した。検査項目には、リスク管理に対する意識の向上、企業倫理に対する自覚の促進を盛り込んでいる。さらに2002年には中小企業に特化した「中小企業金融検査マニュアル」が作成された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんゆうけんさ‐マニュアル【金融検査マニュアル】

《「預金等受入金融機関に係る検査マニュアル」の通称》金融庁検査官が、預金を受け入れる銀行等の金融機関を検査する際の手引書。検査項目は経営管理体制・自己資本比率リスク資産の保有状況・中小企業への融資・法令順守体制など多岐にわたり、詳細な判断基準が示されている。平成9年(1997)に公表され、その後も改訂が重ねられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事業再生用語集の解説

金融検査マニュアル

金融庁が1999年4月に決定した金融監査に対する新しい業務指針。2004年2月には別冊(中小企業編)を発表し、中小企業向け検査の弾力化を図り、マニュアルの一部を改正した。

出典|(株)セントラル総合研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融検査マニュアルの関連キーワード金融庁金融機関公庫金融公庫業務停止命令金融制裁金融不安政策金融機関日銀当座預金残高政府系金融機関の改革

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金融検査マニュアルの関連情報