金融検査マニュアル(読み)きんゆうけんさまにゅある

ASCII.jpデジタル用語辞典「金融検査マニュアル」の解説

金融検査マニュアル

金融庁が1999年に決定した、金融機関を検査する際の手引書。正式名称は「預金等受入金融機関に係わる検査マニュアル」。当初銀行のみを対象としていたが、その後、信用金庫など他の預金取り扱い金融機関や保険会社、証券会社向けのマニュアルも作られるようになった。マニュアルでは金融機関に対して厳格な資産査定を促すとともに、金融機関ごとにまちまちであった自己査定基準を一本化した。検査項目には、リスク管理に対する意識の向上、企業倫理に対する自覚促進を盛り込んでいる。さらに2002年には中小企業に特化した「中小企業金融検査マニュアル」が作成された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「金融検査マニュアル」の解説

きんゆうけんさ‐マニュアル【金融検査マニュアル】

《「預金等受入金融機関に係る検査マニュアル」の通称金融庁検査官が、預金を受け入れる銀行等の金融機関を検査する際の手引書。検査項目は経営管理体制・自己資本比率リスク資産の保有状況・中小企業への融資・法令順守体制など多岐にわたり、詳細な判断基準が示されている。平成9年(1997)に公表され、その後も改訂が重ねられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android