コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金重 カネシゲ

大辞林 第三版の解説

かねしげ【金重】

姓氏の一。

かねしげ【金重】

鎌倉末期・南北朝期の刀工。越前の人で後に美濃に移住、関鍛冶繁栄の基を築いたという。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の金重の言及

【関物】より

…美濃国武儀郡関(現,岐阜県関市)に在住した刀工によって作られた刀剣の総称。美濃国は鎌倉時代に為国や大野郡の寿命らがいたが,南北朝時代に至り,正宗門人と伝える金重が越前から関に移住し,室町時代に繁栄する関鍛冶の基を築いたという。関市春日神社にある関鍛冶の系譜を記した《関鍛冶七流之事》には金重の子金行の娘に大和手搔包永(てがいかねなが)を養子に迎え,その子兼光の子孫が善定兼吉,三阿弥兼高,奈良兼常,得印兼久,徳永兼宣,良賢兼舟,室屋兼在と7派に分かれてそれぞれ一流派をなしたとしている。…

【美濃物】より

…兼氏は正宗十哲の一人で,志津三郎と称して著名であり,その門人を直江志津とよんでいる。また兼氏とともに正宗十哲の一人にあげられる金重は越前敦賀から関に移住し,関鍛冶の祖となったと伝える。越中の則重の弟子と伝える為継も不破郡に移り,大和の千手院の末流も赤坂へ移り住んで赤坂千手院と称している。…

※「金重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金重の関連キーワード那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)キム・バン・キェウ(金雲翹)[各個指定]工芸技術部門キム・バン・キェウキム・バン・キエウ金子重右衛門済州島事件那須国造碑金重 素山金重 陶陽金重宗四郎1月3日侍塚古墳鎌倉時代藤原 啓補整ドル町方騒動藤原 雄金重素山金重陶陽

金重の関連情報