針谷夕雲(読み)はりがや・せきうん

朝日日本歴史人物事典の解説

針谷夕雲

没年:寛文2(1662)
生年:文禄2?(1593)
江戸前期の剣術家。無住心剣術(通称夕雲流)の開祖。経歴は不詳の部分が多いが,上野国(群馬県)の生まれで,五郎右衛門を名乗ったとされる。13歳ごろから剣術,槍術を学び,のちに新陰流の小笠原玄信の門人となり,門下一,二の使い手となった。落馬事故に遭って療養中,禅僧虚白(虎白)の教示を得て開悟し,50歳ごろ術技を棄てた心法の剣として名高い無住心剣術を開く。激しい他流排斥と2代目小出切一雲によって同流はさらに栄えたが,心法に偏しすぎたきらいもあり,3代目真里谷円四郎を頂点に消滅する。

(甲野善紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android