釣夜具(読み)つりやぐ

精選版 日本国語大辞典「釣夜具」の解説

つり‐やぐ【釣夜具】

〘名〙 夜具重みを減らすため、夜具の表面の中央に鐶(かん)をつけ、紐で天井からつるようにしたもの。釣夜着(つりよぎ)
※歌舞伎・裏表柳団画(柳沢騒動)(1875)序幕「内に金屏風一双を立廻し、緞子の釣夜具(ツリヤグ)房附の括り枕、脇息」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「釣夜具」の解説

つり‐やぐ【釣(り)夜具】

夜具の重さを軽減させるため、掛け布団の中央に金輪をつけ、ひもで天井からつるしたもの。老人や病人用。釣り夜着よぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android