釣戸(読み)ツリド

デジタル大辞泉「釣戸」の解説

つり‐ど【釣(り)戸/×吊り戸】

上方金具を取り付け、上へつり上げれば開き、下ろせば閉まるようにした蔀戸しとみどの類。
車付きの金物でつった戸。重い引き戸や折り畳み戸などで用いられ、鴨居かもいに設けたレールを車が滑ることによって開閉する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「釣戸」の解説

つり‐ど【釣戸】

〘名〙 上部に蝶番(ちょうつがい)または壺金(つぼがね)をつけ、開ける時は上へつり上げ、おろすと閉まるようにした戸。蔀戸(しとみど)などの類。
※俳諧・毛吹草(1638)三「付合〈略〉(ツリ)戸の金物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「釣戸」の解説

【釣戸】ちようこ

釣家

字通「釣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android