コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトミ

デジタル大辞泉の解説

しとみ【×蔀】

平安時代から住宅や社寺建築において使われた、格子を取り付けた板戸。上部に蝶番(ちょうつがい)をつけ、外または内側に水平に釣り上げて開ける。しとみど。
和船の舷側に立てて波しぶきや日光などを防ぐ板。平常は取り外しておく。しとみいた。
築城で、城外から見え透くところを覆う、戸の類。
町屋の前面にはめ込む横戸。2枚または3枚からなり、左右の柱の溝にはめる。昼は外しておく。しとみど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しとみ【蔀】

建具の一。格子を組み、間に板をはさんだ戸。日光・風雨をさえぎるためのもの。普通、長押なげしから釣り、水平にはね上げて開き、 L 字形の釣り金物で固定する。平安時代に現れ、寝殿造りの住宅や社寺建築などに広く用いられた。蔀戸。 → 半蔀はじとみ立蔀たてじとみ
町家で、戸締まりのために柱の間に立て込む、上下二枚あるいは三枚から成る横長の板戸。昼間は外しておく。ひとみ。
城外から見透かされないように設けた城内の土塁・建造物・植木などの総称。
和船で、舷側げんそくに立てる波しぶきよけ。溝を切った柱と柱の間に板を落とし込んで立てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しとみ

日本建築で上から吊(つ)り下げた格子戸。蔀戸(しとみど)ともいう。外に突き上げ、あるいは内に引き上げて開け、軒または天井から下げた金具に引っかけて留める。蔀には構造上多少異なるものがあり、表裏両面に格子を組み、その間に板を挟み込むのが正式で、表のみ格子で裏に板を張るものや、横桟または縦桟だけで板を留めたものもある。蔀は敷居と鴨居(かもい)の間を1枚で吊ると重いので、上下2枚に分け、上蔀を吊り下げ、下蔀を柱間(はしらま)に建て込むのが通例である。このような分けた蔀を半蔀(はじとみ)または小蔀(こじとみ)という。
 蔀は奈良末期~平安時代(8世紀後半)に現れた建具で、内裏(だいり)の殿舎や貴族の邸宅で用いられたが、中世以降になると一般化され、社寺でも使用した。庭内の目隠し用の塀として、土台の上に蔀を連続して立て並べたものは立蔀といい、上部に竹の節を飾りとしてつける。また江戸時代の民家では、格子戸とせずに単に板戸だけを吊り下げたものもあり、これは「しとみ」「しとめ」「ひとみ」または「ぶちょう」とよび、折り畳んで上げるもの、柱に溝を彫り上に引き上げるものなどがあった。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【蔀戸】より

…寝殿造住宅の外まわりの主要建具。〈蔀〉の語義は〈ひよけ〉〈おおい〉であり,《和名抄》でも〈暖をおおい,光をさえぎるもの〉としている。現在では格子に板を張ったもの,あるいは板を表裏から格子ではさんだものを蔀と呼んでいるが,古くはこれを〈格子〉と呼び,格子を組まず板だけのものを蔀と呼んで区別していたようである。…

※「蔀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔀の関連キーワード下ろし籠む・下ろし篭む日本山海名産図会釣り戸・釣戸立て蔀・竪蔀下店・下見世下ろし立つ寝殿造り押し出づ立原蘭渓半蔀車柱寄せ林文波雀色時廊下橋上げ蔀釣り蔀小半蔀蔀戸夕顔立蔀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔀の関連情報