コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣月 ちょうげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釣月 ちょうげつ

1659-1729 江戸時代前期-中期の僧,歌人。
万治(まんじ)2年生まれ。京都で清水谷実業(さねなり)に和歌をまなぶ。宝永6年師がなくなると江戸にもどり,武者小路実陰(むしゃのこうじ-さねかげ)の門下となる。のち出雲(いずも)(島根県)で和歌を指導した。享保(きょうほう)14年2月23日死去。71歳。江戸出身。号は白翁,明珠庵。著作に「みちのく紀行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

釣月の関連キーワード岐阜県揖斐郡揖斐川町清水静岡県牧之原市地頭方鶴海一漁(初代)桂川甫筑(3)荒井治部少輔横井 弘三松尾芭蕉桂川甫筑下村一漁須田一漁横井弘三大関増儀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android