コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣(り)道具 ツリドウグ

2件 の用語解説(釣(り)道具の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つり‐どうぐ〔‐ダウグ〕【釣(り)道具】

魚釣りに必要な道具。釣り竿(ざお)・釣り針・釣り糸など。釣り具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

釣道具【つりどうぐ】

魚を釣るために必要とされる道具。釣竿(つりざお),釣糸,釣針うき,おもり,餌(えさ)を,北宋の学者邵雍(しょうよう)〔1011-1077〕の《漁樵問対》より引用して釣りの〈六物(りくもつ)〉という。
→関連項目漁具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の釣(り)道具の言及

【釣り】より

…しかし,海区における釣りには,まだこうした徹底した規制,保護対策はほとんどみられない。
【釣道具】
 釣道具の種類については北宋の学者邵雍の《漁樵問対》から〈釣りに六物あり,一,具わらざれば魚得べからず〉がよく引用されるが,その六物とは釣りざお,釣糸,釣針,うき(浮き),おもり,餌を指している。
[釣りざお]
 西洋では材木でつくった長くて太いものが使われていたが,18世紀には熱帯アメリカ産の弾力のある木を用いた張合せのものや竹製のものがつくられ,格段の進歩を示した。…

※「釣(り)道具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釣(り)道具の関連キーワード海老で鯛を釣る蝦蛄で鯛を釣る所要筌蹄麦飯で鯉を釣るランニングストック寄道具つ抜け釣り糸船竿

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone