コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣(り)道具 ツリドウグ

百科事典マイペディアの解説

釣道具【つりどうぐ】

魚を釣るために必要とされる道具。釣竿(つりざお),釣糸釣針うき,おもり,餌(えさ)を,北宋の学者邵雍(しょうよう)〔1011-1077〕の《漁樵問対》より引用して釣りの〈六物(りくもつ)〉という。竿は竹製,スチール製,グラスファイバー製などもあるが近年ではカーボン製が多く,釣糸も天然てぐすからナイロンへとかわって,大物釣りも可能となった。リールも主要な釣道具の一つ。
→関連項目漁具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の釣(り)道具の言及

【釣り】より

…しかし,海区における釣りには,まだこうした徹底した規制,保護対策はほとんどみられない。
【釣道具】
 釣道具の種類については北宋の学者邵雍の《漁樵問対》から〈釣りに六物あり,一,具わらざれば魚得べからず〉がよく引用されるが,その六物とは釣りざお,釣糸,釣針,うき(浮き),おもり,餌を指している。
[釣りざお]
 西洋では材木でつくった長くて太いものが使われていたが,18世紀には熱帯アメリカ産の弾力のある木を用いた張合せのものや竹製のものがつくられ,格段の進歩を示した。…

※「釣(り)道具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

釣(り)道具の関連キーワード釣魚大全魚釣り損じ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android