コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六物 ろくもつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六物
ろくもつ

部派仏教の修行僧が必ず持つべき6つの物。すなわち3種類の衣料,坐具,および水をこすための布袋の6種をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくもつ【六物】

初期の仏教で,出家者(比丘(びく))が所有を義務づけられた六つの生活用品のこと。比丘六物ともいう。具体的には,3種類の衣(ころも)(袈裟(けさ))と鉢(合わせて〈三衣一鉢(さんねいつぱつ)〉という),それに漉水囊(ろくすいのう)(飲水から虫を除くための水こし)と坐具(敷物)の六つをいう。六物はいわば出家生活の必需品であり,その形,大きさ,材質などには厳しい制限があった。また,出家者が所有を許されたのは,この六物のほかには,薬(陳棄薬(ちんきやく)),針などごくわずかなものだけであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろくもつ【六物】

〘仏〙 比丘びくの常に所持すべき六種の物。三衣と鉢・尼師壇にしだん(=座具)・漉水囊ろくすいのう。 → 十八物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の六物の言及

【釣漁業】より

…釣漁業が有効なのは,魚が多く群れていても,その場所が岩礁付近で,網漁具を使用して魚を捕獲することが困難であり,釣りにたよらざるをえない場合とか,水深の深い場所に生息する魚種をめあてに捕獲しようとする場合である。 こうした,釣漁業をおこなうための漁具には,釣針,釣糸,おもり(いわ),うき(あば),釣りざお,餌(擬餌)などがあり,これらを〈六物(ろくぶつ)〉とよんでいたこともあるが,釣具は職漁,遊漁をとわず,漁獲対象物や各地の伝統的な漁法により,その組合せ方は実に多様である。しかし,こうした釣漁業をおこなうための漁具,漁法を類型化し,それを分類すると,直接的な釣漁業と間接的な釣漁業に分けることができる。…

【釣針】より

…各部の名称を図に示す。ミミズをだんご状に丸めて用いる松島湾のハゼ釣りや,南太平洋のたこ(凧)とクモの巣を使ったダツ釣りのように,釣針を使わない釣りもまれにあるが,釣針は釣りの六物(釣針,釣糸,釣りざお,餌,おもり,うき)のなかで最も重要な要素である。形によって特徴があるので,対象,目的によって使い分ける。…

【瓶】より

…後者はおもに密教において,曼荼羅(まんだら)の諸尊の供養のために五宝,五香,五薬,五穀,香水などを収める容器として用いられ,宝瓶,賢瓶などともいわれる。いずれにしても,瓶は小乗の比丘の〈六物(ろくもつ)〉には含まれていないところから,とくに大乗になってから重視されるようになり,さらに密教において重要な法具とされるに至ったということができよう。【岩松 浅夫】。…

※「六物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六物の関連キーワード市川団十郎(12世)釣り道具・釣道具醇良相良兵六大口屋治兵衛揚巻(2)座具・坐具相良兵六大槻玄沢部派仏教百一物十八物大物忌助六物釣道具子良僧尼釣針揚巻助六お頼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六物の関連情報