コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釼阿 けんな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釼阿 けんな

1261-1338 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘長(こうちょう)元年生まれ。武蔵(むさし)金沢(神奈川県)称名(しょうみょう)寺の審海に師事し,延慶(えんきょう)元年その跡をつぐ。醍醐(だいご)流,勧修寺(かじゅうじ)流などの法流を相伝し,同寺の真言密教を大成した。金沢貞顕(かねざわ-さだあき)の助けをえて,七堂伽藍(がらん)の整備につとめた。吉田兼好と交流があった。暦応(りゃくおう)元=延元3年11月16日死去。78歳。号は明忍房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

釼阿の関連キーワード南北朝時代弘長

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android