コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈔関 しょうかんchao-guan; ch`ao-kuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈔関
しょうかん
chao-guan; ch`ao-kuan

中国,明の内地関税の徴収機関。宣徳4 (1429) 年に創設され,内河航行の船舶から船料 (船税) を徴収した。当時の通貨である鈔 (紙幣) の流通をはかるため,船料を鈔で徴収したので鈔関と称したが,明の後期に鈔が暴落すると銀で徴収するようになり,中央政府の重要な財源となった。鈔関は船料の徴収をたてまえとしたが,臨清,杭州の2関は商税 (物品税) をも合せて徴収した。清代の常関はこの鈔関を起源とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android