コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴慕 れいぼ

4件 の用語解説(鈴慕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴慕
れいぼ

尺八の古典本曲 (ほかの楽器の曲から編曲されたのではなく,尺八本来の曲) の曲名。「鈴慕」とは,中国の僧普化 (ふけ) 禅師の振鳴らした鐸 (たく) の音を慕って作曲された曲名といわれるが,確証はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れいぼ【鈴慕】

尺八の古典本曲の曲名。中国、唐の高僧普化(ふけ)禅師が振りながら昇天した鐸(たく)(大きな鈴)の音を慕って作られた曲という。普化宗の各寺・各派に独自のものが伝えられた。恋慕(れんぼ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいぼ【鈴慕】

尺八楽古典本曲の曲名。題名に〈鈴慕〉を含む曲が多数ある。語源は,張伯が普化禅師の(たく)の音を慕って尺八を吹いたという伝説によるといわれるが,真偽は不明。霊慕,鈴法(れいほう),恋慕(れんぼ)なども同じ語の別な当て字とみられる。江戸時代の普化宗では各寺常用の一曲を《鈴慕》と呼んだ。同一原曲が伝承系統により変化して,多くの異曲を生じた可能性が考えられる。それらが琴古流や明暗諸派に摂取され,鈴慕に寺名や地方名を冠した曲名となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れいぼ【鈴慕】

尺八曲の一類。江戸時代の各地の普化ふけ寺(虚無僧こむそう寺)でそれぞれの基本曲とされた曲。寺の系統により多くの同名異曲があり、通常、「九州鈴慕」「松巌軒しようがんけん鈴慕」のように、地名・寺名などを冠して呼び分ける。
から転じて)尺八本曲の曲名として接尾語的に用いる語。「虚空こくう鈴慕」「巣鶴そうかく鈴慕」など、琴古きんこ流の本曲に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴慕の関連キーワード京間咫・尺江戸間高麗台子碁盤尺・差し・指し間竿箱馬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone