コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴慕 れいぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴慕
れいぼ

尺八の古典本曲 (ほかの楽器の曲から編曲されたのではなく,尺八本来の曲) の曲名。「鈴慕」とは,中国の僧普化 (ふけ) 禅師の振鳴らした (たく) の音を慕って作曲された曲名といわれるが,確証はない。単に「尺八曲」の意味で曲名の一部に用いられたとも考えられる。各地の普化宗寺に同名異曲 (ただし大同小異) が伝承されていたが,これらを整理分類したと思われる曲が,『九州鈴慕』『陸奥鈴慕』『越後鈴慕』などで,琴古流その他諸流に伝承されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れいぼ【鈴慕】

尺八の古典本曲の曲名。中国、唐の高僧普化(ふけ)禅師が振りながら昇天した鐸(たく)(大きな鈴)の音を慕って作られた曲という。普化宗の各寺・各派に独自のものが伝えられた。恋慕(れんぼ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいぼ【鈴慕】

尺八楽古典本曲の曲名。題名に〈鈴慕〉を含む曲が多数ある。語源は,張伯が普化禅師の(たく)の音を慕って尺八を吹いたという伝説によるといわれるが,真偽は不明。霊慕,鈴法(れいほう),恋慕(れんぼ)なども同じ語の別な当て字とみられる。江戸時代の普化宗では各寺常用の一曲を《鈴慕》と呼んだ。同一原曲が伝承系統により変化して,多くの異曲を生じた可能性が考えられる。それらが琴古流や明暗諸派に摂取され,鈴慕に寺名や地方名を冠した曲名となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいぼ【鈴慕】

尺八曲の一類。江戸時代の各地の普化ふけ寺(虚無僧こむそう寺)でそれぞれの基本曲とされた曲。寺の系統により多くの同名異曲があり、通常、「九州鈴慕」「松巌軒しようがんけん鈴慕」のように、地名・寺名などを冠して呼び分ける。
から転じて)尺八本曲の曲名として接尾語的に用いる語。「虚空こくう鈴慕」「巣鶴そうかく鈴慕」など、琴古きんこ流の本曲に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鈴慕の関連キーワード鶴の巣籠り・鶴の巣篭り・鶴の巣籠もり青木 鈴慕(1代目)川瀬 順輔(1代目)[各個指定]芸能部門酒井 竹保(2代目)鈴慕流し・恋慕流し青木 鈴慕(初代)川瀬 順輔(初代)青木鈴慕(初代)山本邦山(2代)青木鈴慕(2代)小路 豊太郎鶴の巣籠もり10月4日横山 勝也沢井 忠夫本居 長世小梨 錦水鶴の巣籠納富寿童

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android