コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木敏行 すずき としゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木敏行 すずき-としゆき

1838-1908 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)9年11月生まれ。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩士。鳥羽・伏見の戦い後,藩論を新政府軍への帰順にみちびく。奥羽追討では総督四条隆謌(たかうた)のもとで使番兼軍監をつとめる。明治になって忍藩公用人,のち埼玉県内の郡長。明治41年死去。71歳。初名は重信。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木敏行の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧国木田独歩天理教沢村宗十郎監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説グラバー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木敏行の関連情報