コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木春山(2) すずき しゅんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木春山(2) すずき-しゅんざん

1820-1896 江戸後期-明治時代の医師,漢詩人。
文政3年生まれ。仙台にでて医学,詩文,書法をまなび,鈴木家の養子となり医業をつぐ。のち子弟の教育にあたった。明治29年8月28日死去。77歳。陸奥(むつ)桃生郡(宮城県)出身。本姓は笹木。名は諄(あつし)。字(あざな)は忠誨。通称は道察。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木春山(2)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android