コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木春蔭 すずき はるかげ

1件 の用語解説(鈴木春蔭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木春蔭 すずき-はるかげ

1786-1847 江戸時代後期の国学者。
天明6年生まれ。市岡猛彦(たけひこ)の弟。尾張(おわり)名古屋藩士。本居春庭(もとおり-はるにわ),本居大平(おおひら)の門にまなぶ。和歌は「千種の花」「近世三百人一首」などにとられている。錦織役所御金奉行をつとめた。弘化(こうか)4年6月16日死去。62歳。通称は多門治(次)。号は梛園。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木春蔭の関連キーワード田沼時代ベニョフスキー徳川家治フリードリヒコーンウォリス砦中村富十郎林爽文の乱笹川繁蔵ローゼン鉱化剤

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone