鈴木時信(読み)すずき ときのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木時信 すずき-ときのぶ

1816-1868 幕末の寺侍。
文化13年生まれ。江戸上野寛永寺の輪王寺宮門跡(もんぜき)に4代にわたってつかえる。慶応4年の上野戦争のあと公現法親王(能久(よしひさ)親王)をまもり幕艦で海路仙台にのがれる。同年8月29日白石城中で病死。53歳。本姓は白石。幼名は善蔵,牧太。通称は主税

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android