コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木時信 すずき ときのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木時信 すずき-ときのぶ

1816-1868 幕末の寺侍。
文化13年生まれ。江戸上野寛永寺の輪王寺宮門跡(もんぜき)に4代にわたってつかえる。慶応4年の上野戦争のあと公現法親王(能久(よしひさ)親王)をまもり幕艦で海路仙台にのがれる。同年8月29日白石城中で病死。53歳。本姓は白石。幼名は善蔵,牧太。通称は主税

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木時信の関連キーワード寺侍

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android