コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木時信 すずき ときのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木時信 すずき-ときのぶ

1816-1868 幕末の寺侍。
文化13年生まれ。江戸上野寛永寺の輪王寺宮門跡(もんぜき)に4代にわたってつかえる。慶応4年の上野戦争のあと公現法親王(能久(よしひさ)親王)をまもり幕艦で海路仙台にのがれる。同年8月29日白石城中で病死。53歳。本姓は白石。幼名は善蔵,牧太。通称は主税。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木時信の関連キーワード戊辰戦争ボップマリア[1世]高山陣屋跡シャカナポリ王国ヘーゲル(年譜)早竹虎吉(初代)明治東京(都)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone