コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木源之丞 すずき げんのじょう

2件 の用語解説(鈴木源之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木源之丞 すずき-げんのじょう

?-1765 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
下野(しもつけ)宇都宮藩領御田(みた)長島村の名主。明和元年宇都宮城下でおきた農民の強訴(ごうそ),打ちこわし,いわゆる籾摺(もみずり)騒動の頭取として,今泉新田村名主六兵衛,上平出村太郎兵衛とともに2年10月に処刑される。のち喜国大明神としてまつられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木源之丞

没年:明和1?(1764)
生年:生年不詳
江戸中期の百姓一揆の指導者,義民。下野国(栃木県)河内郡宇都宮藩領御田長島村の名主であったが,明和1(1764)年の同藩の徴租法変更(五合摺から六合摺への復帰と引きかえに用捨引を廃止)に反対して,明和1年9月12日に百姓数百人が宇都宮城下へ押しかけ,城下や近隣の豪商宅を打毀した,いわゆる籾摺騒動の指導者として,今泉新田名主の六兵衛および亀右衛門(または太郎兵衛)と共に死罪となった。その後源之丞は義民として祭られ,供養碑が子孫の鈴木家にあるほか,「喜国大明神」として同村に「喜国神社」が建立された。六兵衛と亀右衛門は平出神社(宇都宮市平出)に「喜国明神」として祭られた。

(斎藤善之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木源之丞の関連キーワード義民百姓一揆磯部村清太夫片岡万平神永市兵衛下佐谷村助六永田隆三郎中野村正覚坊堀江六之丞松平辰蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone