コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木益堂 すずき えきどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木益堂 すずき-えきどう

1819-1861* 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。江戸の書店の次男。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,講説を業とする。あいつぐ外国艦船の来航をうれえて「論策十八条」をあらわし,時の老中久世広周(くぜ-ひろちか)に献策,攘夷(じょうい)をうったえた。万延元年11月24日死去。42歳。名は善教。字(あざな)は叔徳。通称は徳之助。著作に「経世学論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木益堂の関連キーワード古文真宝儒者

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android