コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木益堂 すずき えきどう

1件 の用語解説(鈴木益堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木益堂 すずき-えきどう

1819-1861* 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。江戸の書店の次男。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,講説を業とする。あいつぐ外国艦船の来航をうれえて「論策十八条」をあらわし,時の老中久世広周(くぜ-ひろちか)に献策,攘夷(じょうい)をうったえた。万延元年11月24日死去。42歳。名は善教。字(あざな)は叔徳。通称は徳之助。著作に「経世学論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木益堂の関連キーワード炭酸塩岩脈文久おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone