コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木益堂 すずき えきどう

1件 の用語解説(鈴木益堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木益堂 すずき-えきどう

1819-1861* 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。江戸の書店の次男。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,講説を業とする。あいつぐ外国艦船の来航をうれえて「論策十八条」をあらわし,時の老中久世広周(くぜ-ひろちか)に献策,攘夷(じょうい)をうったえた。万延元年11月24日死去。42歳。名は善教。字(あざな)は叔徳。通称は徳之助。著作に「経世学論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木益堂の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓五井鶴城壺半佐藤東斎菅新菴多湖貫斎皆川篁斎門司東里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone