鈴木真一(読み)すずき しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木真一 すずき-しんいち

1835-1918 幕末-大正時代の写真家。
天保(てんぽう)6年4月生まれ。下岡蓮杖(れんじょう)にまなび,明治6年横浜で写真館を開業。アメリカ遊学後,13年東京九段坂に支店をひらく。陶磁器への写真焼き付けを創案した。のち真と改名,婿養子岡本圭三が2代真一をついだ。大正7年12月死去。84歳。伊豆(いず)賀茂郡(静岡県)出身。本姓は高橋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木真一の関連情報