鈴木竜二(読み)スズキリュウジ

デジタル大辞泉の解説

すずき‐りゅうじ【鈴木竜二】

[1896~1986]新聞記者。東京の生まれ。国民新聞の社会部長、政治記者として活躍後、昭和11年(1936)プロ野球球団大東京軍の代表に就任。昭和16年(1941)日本野球連盟専務理事。昭和27年(1952)から32年間セリーグの会長を務めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木竜二 すずき-りゅうじ

1896-1986 昭和時代の野球人。
明治29年3月15日生まれ。「国民新聞」の社会部長。政治部記者としても活躍。昭和11年プロ野球「大東京」の球団代表,日本職業野球連盟理事となり,プロ野球の基礎づくりにつくす。21年日本野球連盟会長,27年セリーグ会長。57年野球殿堂入り。昭和61年3月30日死去。90歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる