コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木良知 すずき りょうち

1件 の用語解説(鈴木良知の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木良知 すずき-りょうち

1761-1817* 江戸時代中期-後期の医師,本草家。
宝暦11年2月2日生まれ。幕府の医官田村藍水(らんすい)・元長(げんちょう)父子にまなぶ。一時,山城(京都府)淀(よど)藩につかえる。寛政3年幕命により元長らとともに伊豆(いず)諸島をめぐり,植物を採集。晩年は医を開業した。文化13年11月21日死去。56歳。江戸出身。名は素行。通称は文,維正。号は暘谷。著作に「医海蠡測(れいそく)」「神農本経」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木良知の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ酒井抱一河東節モンロー妙心紀行文学叙勲日本酒の消費量猪飼敬所

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone