コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿栄 スズカサカエ

2件 の用語解説(鈴鹿栄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずか‐さかえ【鈴鹿栄】

[1888~1957]軟式野球発展の功労者。京都の生まれ。大正5年(1916)京都少年野球研究会に参加。少年向きのルールと用具の研究に努め、軟式ボールを考案し野球の普及に貢献した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴鹿栄 すずか-さかえ

1888-1959 大正-昭和時代の野球功労者。
明治21年生まれ。文房具・書籍商。大正5年京都少年野球研究会にはいり,野球ルールおよび用球を研究。7年現在の軟式野球ボールの原型となった「少年野球用ゴム球」を開発した。昭和34年死去。71歳。京都出身。京都商業学校(現西京商高)卒。平成15年新世紀特別表彰で野球殿堂入りとなる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴鹿栄の関連キーワードウィルヘルムラジオ放送ダート・バンドプリンススカイラインALSID-1型民生エアサスペンションバス岸信介内閣テレビドラマ奈良(市)日活(株)日中関係

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴鹿栄の関連情報