鉛直線偏差(読み)エンチョクセンヘンサ

デジタル大辞泉「鉛直線偏差」の解説

えんちょくせん‐へんさ【鉛直線偏差】

地球上のある地点の実際の鉛直線と、その点を通る仮想の地球楕円体に立てた法線とのなす角。ジオイドの形や地下構造を知る手がかりとなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鉛直線偏差」の解説

えんちょくせんへんさ【鉛直線偏差 deflection of the vertical】

おもりを下げて静止させた糸の方向を鉛直線といい,それがその地点の上下方向を決める。一方,地図を作るときは,地球の形として適当な地球楕円体を決め,各地点をその上に投影するのが通常である。この場合には,その楕円体の表面に立てた法線をその地点の上下方向としている。こうして決めた2種類の上下方向は一致しないのがふつうで,その差を鉛直線偏差という。鉛直線は重力の向きであって,物理的に決まり,地球内部の物質の密度分布の影響を受ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鉛直線偏差の言及

【緯度】より

…原点では天文緯度と測地緯度が等しいとして測量が始まるが,原点から離れた地点では,地下構造の影響や採用楕円体が適切でないなどのため,天文緯度と測地緯度はわずかであるが違う。この差を鉛直線偏差という。回転楕円体の中心と楕円体上の1点を結ぶ直線と赤道面の作る角度を地心緯度という。…

※「鉛直線偏差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android