コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉤頭虫類 こうとうちゅうるい Acanthocephala; spiny-headed worm

1件 の用語解説(鉤頭虫類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉤頭虫類
こうとうちゅうるい
Acanthocephala; spiny-headed worm

袋形動物門鉤頭虫綱に属する寄生虫の総称。臈体長 2mm~30cmで,雌は雄よりも大きい。体は扁平で細長く,頭端に出し入れが自由な円筒形や球形の吻をもつ。その表面には逆鉤が 10~40縦列並んでいて,これで宿主の腸壁に固着している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉤頭虫類の関連キーワードサナダムシ条虫類袋形動物線形動物鉤頭虫肝毛頭虫多節条虫類ハイキュウチュウ(肺吸虫)鉤頭虫綱袋形動物門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone