コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀塩写真 ぎんえんしゃしんsilver salt photography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀塩写真
ぎんえんしゃしん
silver salt photography

感光物質としてハロゲン化銀をはじめ硝酸銀,アジ化銀,タングステン酸銀などの銀塩を用いた写真法の総称。1727年ドイツ人ヨハン・ハインリヒ・シュルツェ(1687~1744)が硝酸銀の感光性を発見したことに端を発する。1839年ルイ=ジャック=マンデ・ダゲール銀板写真法ダゲレオタイプ)を発明。今日ではデジタルカメラによるデジタル写真に対し,写真フィルムやフィルムから印画紙に焼き付けた写真のことを銀塩写真と呼んでいる(→焼き付け)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎんえん‐しゃしん【銀塩写真】

銀塩1を感光剤とすることからいう》デジタル写真に対し、フィルムカメラで撮影した写真。また、その写真を印画紙に焼き付けたり、印刷物にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銀塩写真の言及

【写真】より

…この操作を現像と呼び,現像によって潜像の少量の銀は1010倍も増幅されて銀画像になる。この増幅は銀塩写真の大きな特徴であって,銀塩フィルムの感度が高いのは現像の増幅のおかげである。銀塩写真では被写体の微妙なトーン(調子)をよく再現することができるが,現像処理の処方によって画像コントラストを変化させたり,画像の色調を変えたりすることもできる。…

※「銀塩写真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀塩写真の関連キーワードオート・ホワイトバランスVINUSエンジンフォトクオリティFPrintpix昇華型プリンタ写真感光材料写真用色素光増感色素機能性色素光化学反応解像度粒状感解像力現像

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀塩写真の関連情報