銀塩写真(読み)ぎんえんしゃしん(英語表記)silver salt photography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀塩写真
ぎんえんしゃしん
silver salt photography

感光物質としてハロゲン化銀をはじめ硝酸銀アジ化銀,タングステン酸銀などの銀塩を用いた写真法の総称。1727年ドイツ人ヨハン・ハインリヒ・シュルツェ(1687~1744)が硝酸銀の感光性を発見したことに端を発する。1839年ルイ=ジャック=マンデ・ダゲール銀板写真法ダゲレオタイプ)を発明。今日ではデジタルカメラによるデジタル写真に対し,写真フィルムやフィルムから印画紙に焼き付けた写真のことを銀塩写真と呼んでいる(→焼き付け)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の銀塩写真の言及

【写真】より

…この操作を現像と呼び,現像によって潜像の少量の銀は1010倍も増幅されて銀画像になる。この増幅は銀塩写真の大きな特徴であって,銀塩フィルムの感度が高いのは現像の増幅のおかげである。銀塩写真では被写体の微妙なトーン(調子)をよく再現することができるが,現像処理の処方によって画像コントラストを変化させたり,画像の色調を変えたりすることもできる。…

※「銀塩写真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀塩写真の関連情報