コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銃剣道

2件 の用語解説(銃剣道の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

銃剣道

銃の先に短剣を装着して戦った近世以降の白兵戦から生まれた武道。明治期に伝来した西洋式銃剣術や、日本古来の槍術(そうじゅつ)の要素を受け継ぐ。試合では166センチの木銃(もくじゅう)で胸、のど、肩などを突き合う。

(2014-01-22 朝日新聞 朝刊 兵庫全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうけんどう【銃剣道】

銃の先に小さい剣を装着して戦う戦闘技法の訓練から発達した武道の一種。西洋の戦場において鉄砲が歩兵の使用武器となってから,接近戦のために鉄砲の先に小さい剣を着けるようになった。それによる刺突の闘技が発達して,訓練が盛んに行われた。日本でも幕末洋式調練が行われるようになり,銃の扱いとともに銃剣術も西欧の指導者から学んだ。日本独自の銃剣の術が考案されるのは,1873年陸軍戸山学校が創設され,その翌年フランス式銃剣術が採用されてからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銃剣道の関連キーワード銃剣銃剣術対戦着剣ルレット仮面ライダーサイガライオトルーパーベアフット (bare foot)跣蹄(センテイ) (bare foot)エクササイズ・シーツ (exercisse sheets)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銃剣道の関連情報