コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在郷軍人 ざいごうぐんじん veteran

翻訳|veteran

6件 の用語解説(在郷軍人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在郷軍人
ざいごうぐんじん
veteran

現役として軍務に服していない軍人。日本では第2次世界大戦が終るまで,予備役,後備役,退役軍人をいった。 1907年に約 800人をもって東京神田区在郷軍人団が結成されたのが,日本最初の在郷軍人の親睦,修養団体である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざいごう‐ぐんじん〔ザイガウ‐〕【在郷軍人】

平時は民間で生業に就いているが、戦時には必要に応じて召集され国防の任に就く予備役・後備役などの軍人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

在郷軍人【ざいごうぐんじん】

現役として軍務に服していない予備・後備役または退役の軍人。戦時に動員する大軍隊を常備しておくことは財政上制約があるので,平時は在郷軍人を一定期間訓練させて戦時に備える。
→関連項目日本郷友連盟花岡事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざいごうぐんじん【在郷軍人 ex‐soldier】

一般に現役として軍に属していない軍人をいい,予備役,後備役,帰休兵,退役軍人などがそれにあたる。在郷軍人は平時民間にあって生業についているが,戦時あるいは事変などに際して必要に応じて召集される義務を負っている。近代国家において在郷軍人は二重の意味で重要な役割を果たしてきた。第1に,国家財政の節約になった。規模の拡大した近代戦に備えて,国家が常時巨大な常備軍を維持することは財政上不可能である。そのため必要に応じて召集できる在郷軍人の存在意義は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざいごうぐんじん【在郷軍人】

平時は生業に就き、非常の際に召集されて国防にあたる義務を負う予備役・退役・後備役などの軍人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

在郷軍人
ざいごうぐんじん

日本軍隊の徴兵制度において予備兵力保有のために設けられた制度。兵営で一定期間訓練された者が、除隊後に予備役に編入され、帰郷後も有事の際には召集できるように設けられたものである。具体的には兵役区分としての予備役、後備役および補充兵役と国民兵役にある者を通称した。この通称は、「在郷(予備後備)兵」などの呼称とともに、1886年(明治19)の陸軍召集条例制定前後から、帰郷兵の人事異動や集会、教育と召集などの監視、監督に関する地方行政機関の通牒(つうちょう)、訓令などにみえるようになり、日清(にっしん)戦争(1894~95)後にしだいに一般に流布するようになった。
 在郷軍人は、連隊区司令部や市町村役場兵事係から日常的な監視を受け、平時には、勤務演習(軍隊教育の復習)と簡閲点呼(人事異動などの査閲のために便宜の指定地に集合し、点呼を受ける)などの義務を課せられた。各地の在郷軍人は、1880年代後半から、地方行政機関の指導と援助のもとに、召集準備や軍隊教育の復習などを目的にして自己の団体を組織した。これらの団体は「在郷軍人団(会)」などの名称をもち、日清戦争後には自力でその設立と運営を目ざすようになったが、日露戦争後には、政治的勢力として成長した軍部によって統合され、1910年(明治43)11月に帝国在郷軍人会が設立された。これは軍隊教育の復習や相互扶助などを目的にしたが、軍の政治的手足として国民に対する教化や統制の役割を果たしていった。[遠藤芳信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在郷軍人の関連キーワードいないいないばあ空地在郷軍人会素っぴん秘話部外予備役脇役いないいないばぁっ!伊藤雋吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在郷軍人の関連情報