銘柄売買(読み)めいがらばいばい

日本大百科全書(ニッポニカ)「銘柄売買」の解説

銘柄売買
めいがらばいばい

対象物件を特定の呼びで表して売買取引をすること。対象物件を表す特定の呼び名を銘柄という。株式の銘柄nameはその会社の略称ないし通称を用い、商品の銘柄brandはその商品を生産した企業が命名した名称である。取引所で行われる取引は、取引を敏速・円滑に処理するためにすべて銘柄売買である。

[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「銘柄売買」の解説

めいがら‐ばいばい【銘柄売買】

〘名〙 取引方法の一つ。現物見本によらないで、単にその銘柄を指定するだけで行なう売買取引。銘柄取引。〔投機市場論(1926)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「銘柄売買」の解説

めいがら‐ばいばい【銘柄売買】

現物や見本によらず、銘柄2を指定するだけで売買取引を行う方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android