(読み)びょう

精選版 日本国語大辞典「鋲」の解説

びょう ビャウ【鋲】

〘名〙
※弓張記(1450‐1500頃か)「かりまた。けん尻たばさむ事。〈略〉まとや又はひゃうなどの類は、根の方を持もの也」
② 頭に笠形のものがついている装飾を兼ねた。銅・鉄・真鍮(しんちゅう)、または金銀などで造る。
※太平記(14C後)三六「筒のまはり二十尋計なる大皷の、銀のびゃうを打て、面には巴をかき」
③ 金属板などを接合するために用いるもの。リベット
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「鋲がゆるみでもするやうに、ギイギイと船の何処かが、しきりなしにきしんだ」
④ おしピン。画びょう。
⑤ 靴の底に打つ金具。
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉「鋲を打った兵隊靴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鋲」の解説

びょう〔ビヤウ〕【×鋲】

頭部に笠形のものがついている、装飾もかねる釘。
押しピン。画鋲。「写真をで止める」
リベット。「鉄板にを打ち込む」
靴の本底に打つ金具。「靴」
[補説]「鋲」は国字
[類語]リベット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【釘】より

…特殊なものに波釘,股釘などがある。釘の一種に鋲がある。画鋲,虫ピン,畳鋲,四分一(しぶいち)鋲などがあり,また材質によって鉄鋲,シンチュウ鋲,銅鋲などがあり,頭の形で平鋲,太鼓鋲などがある。…

【リベット】より

…鋲ともいう。重ね合わせた金属板などの薄板を接合するのに用いる,頭のついた棒状の金属性(鋼,アルミニウム,銅など)の締結部品。…

※「鋲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android