コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョウ

デジタル大辞泉の解説

びょう〔ビヤウ〕【×鋲】

頭部に笠形のものがついている、装飾もかねる釘。
押しピン。画鋲。「写真をで止める」
リベット。「鉄板にを打ち込む」
靴の本底に打つ金具。「靴」
[補説]「鋲」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びょう【鋲】

頭部に笠形のものが付いている釘。装飾をかねる。
画鋲。
リベット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【釘】より

…特殊なものに波釘,股釘などがある。釘の一種に鋲がある。画鋲,虫ピン,畳鋲,四分一(しぶいち)鋲などがあり,また材質によって鉄鋲,シンチュウ鋲,銅鋲などがあり,頭の形で平鋲,太鼓鋲などがある。…

【リベット】より

…鋲ともいう。重ね合わせた金属板などの薄板を接合するのに用いる,頭のついた棒状の金属性(鋼,アルミニウム,銅など)の締結部品。…

※「鋲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鋲の関連キーワード鋲打ち駕籠・鋲打ち駕篭spike tireスタッドレスタイヤスパイクタイヤリベット継手皿リベットリベッタートリコニータイタック四天の星スタッド鋲締め機三光の鋲ナーゲル鋲打ち機リベット四天の座飾り釘座金物蟹目釘

鋲の関連情報