コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスガイ

デジタル大辞泉の解説

かすがい〔かすがひ〕【×鎹】

材木と材木とをつなぎとめるために打ち込む、両端の曲がった大釘。
人と人とをつなぎとめるもの。「子は
戸締まりの掛けがね。
「―も錠(とざし)もあらばこそ、その殿戸、我鎖(さ)さめ」〈催馬楽・東屋〉
[補説]「鎹」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎹【かすがい】

両端を直角に曲げてコの字形とし,先端を爪(つめ)状にとがらせた大釘。主として木材の土台小屋組みなど部材の連結に用いられるが,石などの接続に打ち込むこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かすがい【鎹】

建材などの合せ目をつなぎとめるために打ち込む,両端の曲がった大釘。主として木材に打ち込むが,石などをつなぐ場合もある。本来は戸の掛金のことであるという。古墳からの出土品も知られ,和釘と同様,古くは鍛造によって作られた。主として造船,建築,土木工事などで補強金物として用いられる。鉄の角棒,丸棒,平鉄などで作られるが,角棒は現在でも鍛造によることが多い。鎹の働きは,肩幅(働き幅)と脚の長さで決まるが,建築用は肩幅が10cm以下のものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かすがい【鎹】

二本の材木をつなぎとめるための両端の曲がった大釘。
二つのものをつなぎとめる役をするもの。 「子は-」
戸締まりに用いる金具。かけがね。 「 -もとざしもあらばこそ/催馬楽」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かすがい【鎹】

➀2つの材木をつなぎとめる、コの字形の先のとがった金具木造の建物ではと土台、柱と筋交(すじか)い、柱と梁(はり)などの接合に用いる。また石材同士をつなぐときにも使われる。
➁かけがね。戸が開かないようにしておく金具。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【建築金物】より

…【鈴木 博之】
[日本]
 日本建築における金物は,構造用の補強金物,装飾用の飾金具(錺(かざり)金具),実用的な建具の支持金具や戸締め金具,建物を荘厳(しようごん)するための屋上飾,軒風鐸(のきふうたく),高欄擬宝珠(こうらんぎぼし)などに分けられる。補強金物は,長押(なげし),垂木(たるき),裏板などを打ち止める釘,扉板など厚い板をはぎ合わせる合釘(あいくぎ),床板や縁板を裏から根太(ねだ)に引きつける目鎹(めかす),二つの材を引き合わせる(かすがい)などがあり,古代から用いられている。釘は一般に和釘と呼ばれるもので,断面が正方形をしており,頭部に特徴がある。…

※「鎹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎹の関連キーワード三遊亭 円馬(2代目)山村与助(初代)上総金鈴塚古墳ポルタニグラ子・児・仔蝶花楼馬楽かんぬき手違い鎹クランプかすがい鎹思案催馬楽子別れ鶯張り手違い殿戸豆腐鎖し釘鎹

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎹の関連情報