コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋳銭使 ちゅうせんし

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうせんし【鋳銭使】

日本古代の鋳銭機関の一つ。818年(弘仁9)3月,長門国司を改組して設置されたもので,長官1,次官1,判官2,主典3,鋳銭師2,造銭形師1,史生5の定員を擁していた。同年8月には国内の不要の駅家の駅馬は各1疋ずつとし,残り44疋は鋳銭料鉛の運搬にあてることとされている。その3ヵ月後の11月に〈富寿神宝〉の発行が命ぜられているので,〈鋳銭使〉は同銭の鋳造を目的として設置されたと考えられる。唐では8世紀に〈鋳銭使〉が何回か派遣された例があり,その名称を受け継いだのであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鋳銭使の関連キーワード鋳銭司(ちゅうせんし 日本史)鋳銭司

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android