朝堂院(読み)ちょうどういん

百科事典マイペディアの解説

朝堂院【ちょうどういん】

古代宮城(きゅうじょう)で最も重要な政務・儀式を行った所。大極殿(だいごくでん),朝堂,朝集殿(ちょうしゅうでん)を回廊で囲み,応天門(おうてんもん)を南面の正門とした一区画。藤原,平城(へいじょう)(前期),平安などの各宮では内裏(だいり)の南,朱雀門(すざくもん)の北に造営されたが,平城(後期)宮ではその東に移転した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうどういん【朝堂院】

日本古代の宮城において中枢となる殿堂で,朝参朝政告朔(こうさく)などの政務,即位・朝賀・外国使節の謁見などの国家的な儀式や饗宴が行われる。原則として,朱雀門に面する宮城の中央部に位置する。大極(だいごく)殿・朝堂・朝集殿の三つの部分からなり,これら3部分全体をさす朝堂院の語は史料上長岡宮に至って初めて用いられるが,現在は平城宮以前の用語としても使う。818年(弘仁9)平安宮で朝堂各堂・門に中国風の号をつけるとともに〈八省院〉と称する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうどういん【朝堂院】

大内裏のうちにあって、即位・朝賀・視告朔こうさく・外国使臣の引見など重要な儀式の行われた正殿。大極殿を中心に後殿・十二堂・朝集堂などが並び、それらをとりまく廊の南中央に応天門がある。八省院。 → 大内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝堂院
ちょうどういん

八省(はっしょう)院ともいう。元来は八省(太政(だいじょう)官に属する中央行政官庁。中務(なかつかさ)、式部、治部、民部、兵部(ひょうぶ)、刑部(ぎょうぶ)、大蔵、宮内の八省)の官人が執務し、公卿(くぎょう)が政務を評議して天皇が決裁する朝政の場で、宮城の中心であった。やがて律令(りつりょう)制の官僚組織が整備されるにしたがい、太政官以下の独立した官衙(かんが)(官庁)が成立し、朝堂院は即位・朝賀(ちょうが)などの儀式や饗宴(きょうえん)に使用されるようになる。この変化が規模にも現れ、藤原宮で最大となり、以後小型化した。難波(なにわ)宮以来の基本的な形は、回廊で囲まれた長方形の区画の北に大極(だいごく)殿(正殿)、その南側東西に朝堂(十二堂)、朝集(ちょうしゅう)殿(堂)が並んでいた。平安宮以外は大極殿と朝堂の間にも回廊があった。藤原宮以後、殿舎は瓦葺(かわらぶ)き。長岡宮、平安宮では、それまで朝堂院の真北にあった内裏(だいり)が東へ移り、朝堂院の独立性を高め、儀式会場的な性格も強まった。
 平安宮の朝堂院は、遷都後の796年(延暦15)ごろ成立し、東西56丈(約170メートル)、南北134丈(約406メートル)。南面に応天門と栖鳳(せいほう)・翔鸞(しょうらん)二楼、その北に東西朝集堂・会昌(かいしょう)門があり、門の北に儀式のときに皇族・大臣以下官人の座となる十二堂が並び、その奥が一段高い竜尾壇(りゅうびだん)(道)で、正面に大極殿があった。866年(貞観8)に応天門が炎上、放火の嫌疑で伴善男(とものよしお)が失脚したことは有名。大極殿まで焼失する火事は三度あり、2回は再建されたが、1177年(治承1)焼失したのちは再建されなかった。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうどう‐いん テウダウヰン【朝堂院】

〘名〙 大内裏の正庁。本来は、八省の官人が政務を執り、天皇が臨御して親裁する、朝政の場であるが、次第に即位、朝賀など、国儀大礼を行なうだけとなった。その規模は藤原宮のものが最大で、漸次縮小した。大極殿を正殿とし、その南庭に原則として十二堂を配し、さらに南に朝集堂がある。南面正門を平安宮では応天門と号する。もとは、朝堂院の北に内裏が連なっていたが、長岡宮、平安宮では両者が分離する。八省院。十二堂院。大極殿院。朝堂。
※日本紀略‐延暦一四年(795)八月癸未「幸朝堂院、観匠作

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の朝堂院の言及

【平城宮】より

…710年(和銅3)から784年(延暦3)まで営まれ,途中8年ほど中絶し,恭仁(くに)京(京都府相楽郡)等に都が遷されたことがあるが,70年にわたって存続した。南北約1km,東西1.3kmの広さをもち,その中に天皇の御在所であり日常生活の居所であった内裏(だいり),公の儀式,政治の場である朝堂院(ちようどういん)があり,さらに百官と総称された官司の建物があった。したがって平城宮は天皇の居所であると同時に,当時の律令国家の中央政府機構の所在地であった。…

※「朝堂院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝堂院の関連情報