コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錠口 ジョウグチ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぐち〔ヂヤウ‐〕【錠口】

錠を取り付けた箇所。
将軍・大名などの邸宅で、表と奥との境にあった出入り口。内外から錠がおろされていた。御錠口(おじょうぐち)。
江戸幕府職名大奥の錠口を守衛した女中。錠口番。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうぐち【錠口】

錠前を取り付けた部分。
将軍・大名などの邸宅で、表と奥との間に設けられた出入り口。内と外から錠がおろされていた。御錠口。
江戸幕府の職名。大奥の錠口(御錠口)を守衛した女中。錠口番。御錠口番。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錠口の関連キーワード出入り口太刀持ち御広敷番御鈴廊下御錠口奥女中小間使御犬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android