コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦米次郎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

錦米次郎

1914~2000。戦後、三重詩話会を立ち上げ、今年60周年を迎えた「三重詩人」を創刊。四日市公害長良川河口堰(かこうぜき)、成田空港建設といった社会問題に関心を持ち続けた。1937年の南京事件を題材にした「南京戦記~わが軍隊手帳」(85年)などの作品のほか、代表的な詩集に「百姓の死」がある。

(2011-12-22 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦米次郎 にしき-よねじろう

1914-2000 昭和-平成時代の詩人。
大正3年6月28日生まれ。生家は三重県伊勢寺村(松阪市)の農家。石川啄木の作品にであい,昭和7年ごろから詩作をはじめる。戦後「コスモス」に参加し,25年「三重詩人」を創刊。農民詩人として知られ,長良川河口堰(ぜき)や芦浜原発の建設反対運動などにもくわわった。平成12年2月12日死去。85歳。詩集に「百姓の死」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

錦米次郎の関連キーワード自動車電話2000年問題ロッキード事件書店ハ ジウォンイタリア映画三菱ふそう MIQCS燃焼システム専門図書館団体委任事務西原借款

錦米次郎の関連情報