コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦米次郎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

錦米次郎

1914~2000。戦後、三重詩話会を立ち上げ、今年60周年を迎えた「三重詩人」を創刊四日市公害長良川河口堰(かこうぜき)、成田空港建設といった社会問題に関心を持ち続けた。1937年の南京事件を題材にした「南京戦記~わが軍隊手帳」(85年)などの作品のほか、代表的な詩集に「百姓の死」がある。

(2011-12-22 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦米次郎 にしき-よねじろう

1914-2000 昭和-平成時代の詩人。
大正3年6月28日生まれ。生家は三重県伊勢寺村(松阪市)の農家。石川啄木の作品にであい,昭和7年ごろから詩作をはじめる。戦後「コスモス」に参加し,25年「三重詩人」を創刊。農民詩人として知られ,長良川河口堰(ぜき)や芦浜原発の建設反対運動などにもくわわった。平成12年2月12日死去。85歳。詩集に「百姓の死」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

錦米次郎の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット星図第一次世界大戦グリフィス自動車電話よしもとばなな奈良美智

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦米次郎の関連情報