コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢暴動 イセボウドウ

3件 の用語解説(伊勢暴動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いせ‐ぼうどう【伊勢暴動】

明治9年(1876)に起こった、地租改正反対一揆(いっき)中、最大の一揆。三重県を中心に愛知・岐阜などに広がり、処罰された者は5万人以上に及んだ。翌年政府は地租を地価の3パーセントから2.5パーセントに下げた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いせぼうどう【伊勢暴動】

1876年11月石代相場の引下げ要求から端を発し,地租改正事業に反対した明治期最大の農民一揆で,三重県を中心に愛知・岐阜・堺各県に及んだ。同年末,三重県山田の米価は1石3円50銭内外であったが,県の示した石代相場は1石5円19銭であった。同年の大雨で被害を受けていた櫛田川デルタ地帯の農民は正米納か,年々の相場で上納するよう嘆願したが区長はこれを県庁に上達しなかった。また,県は地租の一部分の米納を認める方針を示したがこれも正しく農民に伝えられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢暴動
いせぼうどう

1876年(明治9)12月、三重県を中心に愛知、岐阜、堺(さかい)(現奈良)県へも波及した明治期最大規模の地租改正反対一揆(いっき)。この年11月より、三重県飯野(いいの)郡魚見(うおみ)村(松阪市)ほかの農民が、米価下落のもとで、地租改正を不満として地位等級の引下げ、石代納(こくだいのう)米価の改訂などを要求する嘆願を繰り返していたが、12月19日ついに蜂起(ほうき)した。この動きはただちに三重県下ほぼ全域に拡大し、さらに隣接県へも波及した。この過程で、嘆願は激烈な打毀(うちこわし)、焼打ちに転化し、とくに四日市、桑名を中心に北勢一帯(三重、朝明(あさけ)、桑名、員弁(いなべ)4郡)では、官と名のつくいっさいのものが徹底した攻撃対象となった。県、政府は、士族を徴募し鎮台兵をも出動させて鎮圧にあたり、12月24日には完全に終息させた。処刑者は絞首刑1人を含め5万人を超えた。
 この一揆は、茨城県の一揆とともに、政府に衝撃を与え、翌77年から地租率は100分の3から100分の2.5に引き下げられた。[近藤哲生]
『『伊勢暴動(明治九年)顛末記』(1934・三重県内務部/復刻版・1981・三重県図書館協会) ▽土屋喬雄・小野道雄編著『明治初年農民騒擾録』(1953・勁草書房) ▽大江志乃夫著『明治国家の成立』(1959・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊勢暴動の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢暴動の関連情報