コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍾乳体 しょうにゅうたいcystolith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍾乳体
しょうにゅうたい
cystolith

植物体の葉の表皮細胞の一部が細胞内腔に突出して,その周囲に炭酸カルシウム結晶して沈着したもの。醋酸で処理すると結晶は消え突起の構造がわかる。植物の種によって結晶の形や突起の構造は異なる。インドゴムノキイヌビワなどで最も著しくみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうにゅう‐たい【×鍾乳体】

植物の細胞壁の一部が、炭酸カルシウムなどの沈着によって塊になり、細胞内に突出したもの。クワ・イラクサなどにみられる。房状体。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例