コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍾愛 ショウアイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐あい【×鍾愛】

[名](スル)《「鍾」は集める意》たいそう好きこのむこと。大切にしてかわいがること。
「―すること大方(おおかた)ならず」〈谷崎春琴抄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうあい【鍾愛】

( 名 ) スル
深く愛すること。とりわけて大事にすること。 「守雄が-せし品にして/鉄仮面 涙香

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鍾愛の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物トリプトレモスザグレウス高志内親王達智門院近衛基通

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍾愛の関連情報