(読み)しょう

精選版 日本国語大辞典「鍾」の解説

しょう【鍾】

〘名〙
中国、春秋戦国時代の容量の単位。一鍾は六斛(こく)四斗(約五一・二リットル)。
※史記抄(1477)一九「一鍾は六斛四斗ぞ。釜十を為鍾ぞ」
② 酒を貯える器。さかつぼ。〔孔叢子‐儒服〕
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「合鍾弐口」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鍾」の解説

しょう【鍾】[漢字項目]

[音]ショウ(漢) [訓]あつめる
あつまる。あつめる。「鍾愛
かね。つりがね。「鍾乳洞

しょう【×鍾】

中国、漢代に用いられた酒壺(さかつぼ)。青銅製で、横断面が丸いもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android