(読み)ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう【×鍾】

中国、漢代に用いられた酒壺(さかつぼ)。青銅製で、横断面が丸いもの。

しょう【鍾】[漢字項目]

[音]ショウ(漢) [訓]あつめる
あつまる。あつめる。「鍾愛
かね。つりがね。「鍾乳洞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょう【鍾】

中国漢代に盛行した酒器。円壺形の金属製のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう【鍾】

〘名〙
① 中国、春秋戦国時代の容量の単位。一鍾は六斛(こく)四斗(約五一・二リットル)。
※史記抄(1477)一九「一鍾は六斛四斗ぞ。釜十を為鍾ぞ」
② 酒を貯える器。さかつぼ。〔孔叢子‐儒服〕
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「合鍾弐口」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍾の関連情報