鎮痙剤(読み)ちんけいざい

精選版 日本国語大辞典「鎮痙剤」の解説

ちんけい‐ざい【鎮痙剤】

〘名〙 痙攣(けいれん)をしずめる薬剤。大脳皮質性の痙攣、すなわち、てんかんにはフェノバルビタール、脊髄性痙攣にはマイアネシン、末梢神経性にはキニーネ、気管支筋にはアドレナリン、消化器にはアトロピン系剤などを用いる。〔和英語林集成(再版)(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android