鏡姫王(読み)かがみのおおきみ

朝日日本歴史人物事典の解説

鏡姫王

没年:天武12.7.5(683.8.2)
生年:生年不詳
万葉歌人。鏡女王,鏡王女にもつくり,系譜・経歴ともに明らかではない。通説では鏡王の娘で額田王の姉とするが,鏡姫王の墓が舒明天皇陵の域内にあることから(延喜諸陵式),舒明の皇女で天智・天武の姉妹とする説が有力である。他に「姫王」の語から舒明の皇孫に当たるとする説,威奈鏡公の娘とする説もある。『興福寺縁起』には,鎌足の「嫡室」鏡女王が,鎌足の病気平癒を祈って,山階寺を建立したと伝える。天武12年7月,死に臨んで天皇の見舞いを受けていることは,女王が皇室と縁の深い女性であったことをうかがわせる。『万葉集』には天智への返歌「秋山の樹の下隠り逝く水のわれこそ益さめ御思よりは」や藤原鎌足との相聞歌など4首,『歌経標式』に1首が残り,純粋素直な秀歌と評されている。<参考文献>中島光風「鏡王女について」(『文学』11巻10号)

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android