コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本銭 ふほんせん

5件 の用語解説(富本銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富本銭
ふほんせん

天武天皇(在位 673~686)の時代に鋳造された,日本列島最古のものと考えられる銅銭。古代の巨大工房遺跡である奈良県明日香村飛鳥池遺跡において,天武15(686)年の年号が記された木簡と富本銭資料が同じ土層から見つかり,またその上の土層では僧道昭が創建した飛鳥寺東南禅院のための瓦窯が 700年頃以前に操業されたことが判明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふほん‐せん【富本銭】

日本で鋳造された銭貨の一。日本書紀天武天皇12年(683)に記載があり、和同開珎よりも古くからある銅銭とする説もあるが、大量に流通していた証拠はない。富夲銭(ふとうせん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

富本銭【ふほんせん】

683年に鋳造された〈富本〉の銘を持つ銅銭。円形で,中央には一辺約6mmの正方形の穴が開いた,円形方孔の形式である。唐の開元通宝を模したものと推定される。平城京跡藤原京跡からも出土され,1999年には飛鳥京跡飛鳥池遺跡から33点の富本銭が発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふほんせん【富本銭】

「富」「本」の二文字のある古代の銅銭。和同開珎よりも鋳造年代が古いとする説もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富本銭
ふほんせん

7世紀後半に日本で鋳造された銅銭。和同開珎(わどうかいちん/わどうかいほう)に先行する鋳造貨幣と考えられる。円形銭の中央に方形の穴があいた円形方孔銭で、上下に「富」と「夲」の2文字、左右にそれぞれ七曜(しちよう)文を配す。富本銭は、長らく江戸時代につくられた縁起物の絵銭(えせん)の一種と考えられてきたが、1985年(昭和60)に平城京跡から江戸時代の絵銭とは型式の異なる富本銭が出土し、従来絵銭とされてきたものが、古代の富本銭を模鋳したものであることが判明した。さらに1998年(平成10)には、奈良県明日香(あすか)村に所在する飛鳥池遺跡の工房跡から、鋳張(いば)りのついた富本銭や鋳棹(いざお)が多数出土し、富本銭の鋳造場所が特定された。
 飛鳥池遺跡から出土した富本銭は、直径2.4センチメートル、重量4.5グラム前後で、初唐期の開元通宝(621年初鋳)の規格に近似し、開元通宝を模倣して鋳造したことがわかる。「富本」の2文字は、後漢の光武帝が、前漢の貨幣であった五銖銭(ごしゅせん)を再発行した際の故事に、「民(国)を富ましむる本は食貨にあり」という文言があることに由来(『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』『晋書』)する。左右の七曜文は、陰陽と五行の調和のとれた状態を示す図象で、円形方孔銭が天円地方を象徴するという中国の伝統的思想に基づくものである。
 『日本書紀』には、天武12年(683)に、「今より以後、必ず銅銭を用いよ。銀銭を用いることなかれ」という詔(みことのり)があり、7世紀後半に銀銭と銅銭が存在した状況を物語るが、この銅銭が富本銭にあたる可能性が高い。また、この詔にみえる銀銭は、滋賀県崇福寺塔跡(668年創建、『扶桑略記(ふそうりゃっき)』による)などから出土している無文銀銭と考えられる。無文銀銭は、直径約3センチメートルの銀円板に銀小片を貼付(ちょうふ)するなどして、1両(42グラム)の4分の1にあたる6銖(しゅ)(約10グラム)に重量調整された定量貨幣で、富本銭発行以前に銀地金が貨幣的機能をもって流通していたことを示している。和同開珎と銀の交換比率を明示した養老5年(721)の詔では、和同銀銭4文が銀1両に相当すると規定されており、和同銀銭が無文銀銭の貨幣価値を継承したことがわかる。以上のことから、富本銭も、まじないなどの目的で製作された厭勝銭(ようしょうせん)ではなく、朝廷によって鋳造された実質的な価値をもつ貨幣であったと判断できる。しかし、富本銭に関しては、和同開珎発行時における蓄銭叙位法(ちくせんじょいのほう)(蓄銭叙位令ともいう)などの流通政策がみられないなどの問題もあり、その発行量や流通範囲の究明が今後の課題となっている。[松村恵司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富本銭の関連キーワード天武天皇越後阿倍久努麻呂石川郎女(2)億仁桑原訶都坂田雷坂本財宍人〓(“木へん”に「穀」)媛娘智蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富本銭の関連情報