コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡王女 カガミノオオキミ

世界大百科事典 第2版の解説

かがみのおおきみ【鏡王女】

?‐683(天武12)
鏡姫王,鏡女王とも書く。鏡王の娘,額田王の姉とも,舒明天皇の皇女,皇孫ともいわれる。天智天皇に寵(ちよう)せられ,のち藤原鎌足嫡室となったらしい。死去の前日,天武天皇の見舞を受けた。《延喜諸陵式》によれば,墓は舒明天皇陵の域内にある。《万葉集》に重出も含め短歌5首,《歌経標式》にも歌が残る。〈風をだに恋ふるは羨(とも)し風をだに来むとし待たば何か嘆かむ〉(《万葉集》巻四)。【青木 生子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがみのおおきみ【鏡王女】

?~683) 万葉歌人。額田王ぬかたのおおきみの姉ともいう。万葉集に天智天皇や藤原鎌足との可憐な相聞歌四首を残す。鏡女王。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鏡王女の言及

【藤原鎌足】より

…大化改新の功臣で藤原氏の始祖。もと中臣連(なかとみのむらじ)鎌足。父は弥気(みけ)(御食子(みけこ),御食足(みけたり)とも)といい,推古・舒明朝に仕えた神官で,地位は大臣(おおおみ),大連(おおむらじ)に次ぐ大夫(まえつぎみ)。母もやはり大夫の大伴連囓(おおとものむらじくい)(咋子(くいこ)とも)の娘で智仙娘(ちせんじよう∥ちいさこ)といい,大連の大伴金村(かなむら)の孫。生まれたのは推古天皇の朝廷のあった小墾田(おはりだ)宮に近い藤原。…

※「鏡王女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鏡王女の関連キーワード鏡王女(かがみのおおきみ)鏡王女(かがみのじょおう)磐瀬ノ森中臣鎌足興福寺相聞歌

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android