コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山鏡 マツヤマカガミ

デジタル大辞泉プラスの解説

松山鏡

古典落語の演目のひとつ。「鏡のない国」「鏡のない村」とも。上方では「羽生村の鏡」として演じる。八代目桂文楽が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、尼、夫婦者。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

まつやまかがみ【松山鏡】

能の一。五番目物。早く母を失った娘が、その形見の鏡に映る自分の姿を母だと思って懐かしんでいると、やがて母の霊が現れ、娘の孝養の功力くりきによって成仏する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松山鏡
まつやまかがみ

落語。原話は仏典の『百喩経(ひゃくゆきょう)』にあり、中国明(みん)末の笑話集『笑府』に入り、日本で民話になった。能『松山鏡』、狂言『鏡男』も成立し、類話が各地に残るが、その落語化である。越後(えちご)の松山村の正助は、親孝行で領主に褒められ、望みの品を問われたので、亡父に会いたいと答えた。そのころ村に鏡がなかったので領主は鏡を与えた。正助は鏡に写る自分を父と思って、ひそかに日夜拝んでいた。女房が不審がり、夫の留守に鏡を見ると女の顔が写るので、けんかになった。比丘尼(びくに)が仲裁に入り鏡をのぞき「二人とも心配しなさるな。中の女は、きまりが悪いといって坊主になった」。8代目桂文楽(かつらぶんらく)が得意とした。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松山鏡の関連キーワード直峰松之山大池県立自然公園松之山温泉古典落語松之山小癋見謡曲鏡男形見孝養

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android